「健康情報」の発信

私は、小さい頃からあまり丈夫な方ではありませんでした。
冬になると必ずインフルエンザにかかり、数日間は学校を休むというのが定番でした。
その体質は大人になっても変わらず、就職後もしょっちゅう病気で休暇をとるようになりました。
毎年、有休がなくなるというのがお約束でした。
1年前に娘が産まれたことを機に、できるだけ健康になりたいと切に願うようになりました。
まず始めたのは1日1万歩歩くということでした。
インターネットの「健康情報発信」サイトにもアクセスしています。
「健康情報」には、事実でないものもあるので、悪質なものとそうでないものを見抜く力は必要だと思っていますが、有益な情報だと自分の人生が変わる気がします。
実際、私が目にしたものの中に、歩けば歩くほど前頭葉が刺激され、脳内モルヒネが出るようになり、前向きな人になれるという「健康情報」が載っていました。
まさかと思いつつ、歩くようになると確かに以前より前向きになっている気がするのです。
これからも有益な「健康情報」は積極的に参考にしたいと思っています。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。